ねずこん読書記録

小さな会社を経営しています。読んだ本について書き残していきますー

記録#312 『18歳からの格差論』

 

18歳からの格差論

18歳からの格差論

 

 

感じたこと


  • 本書の大きなテーマの一つが分断社会で、格差というのも分断の一つの要素なんだろうなぁと。昨日読んだインドネシアの大統領選分析記事でも、分断を煽る社会運動がイシューとして挙げられていた。情動に訴えかけて一時の成果を得ようとしたものの、根強い分断が生まれてしまうとしたら、それは悲しいことだなぁ。
  • 高所得者も受益者にする施策、論理的・合理的なんだけど、こういう施策を提案したら扇動政治家・メディアの方々の突っ込む対象になってしまってまともな議論にならないんだろうなぁ。諦めちゃいけないんだろうけど。大きい声で煽る人が成功する社会、なくなってほしい。

内容


日本の格差の有り様と原因に独自の角度から光を当て、「必要原理」にもとづく大胆な財政戦略を提唱する井手英策教授が、若い人たちのためにデータを駆使して訴えるまったく新しい啓蒙書。

 

1「格差是正」に心が動かない僕たち

■格差を是正したいですか?

■税への抵抗が強い社会は、誰かのための負担をきらう「つめたい社会」

■貧困にあえぐ人びとを「見て見ぬふりする社会」を僕たちは生きている

格差社会を作り出したのは誰?

 

2日本人の不安の根っこにせまる「3つの罠」、そして「分断社会」

■社会全体を覆っている「弱者へのつめたいまなざし」

■中間層が貧しくなり、弱者へのやさしさが失われた

■「自己責任社会」では、「成長の行きづまり」が「生活の行きづまり」になる

■お年寄りの利益が優先されるという「罠」――深刻な世代間対立が生まれている

■中間層が弱者を批判し、人びとが政府をののしり、お年寄りと若者が鋭く対立する

 

3分断社会・日本「失われた20年」、何がいけなかったのか?

■分断社会・日本

池田勇人首相の思想――自分で働き、自分の足で立つことこそが重要

■小さな政府、貧弱な社会サービスこそ、高い貯蓄率を生んだ大きな原因

■低成長時代にえらばれた「勤労国家」が社会経済の変動に対応できなくなった

規制緩和グローバル化、人件費削減が加速

■賃金が下がりつづけ、デフレ経済に突入――家計貯蓄率もほぼゼロに

■勤労国家が破たん、生活のよりどころが見いだせない社会に

 

4中高所得層も納得して格差是正ができる「必要の政治」とは?

■「救いの手」は救済であると同時に、確実に、そして深く、人間を傷つける

■人間を信じられず、成長できない社会を望みますか?

■発想の大転換、思い切って中高所得層も受益者にする

■「必要の政治」によって格差是正を結果に変える

■理屈で説明のできない理不尽さとは、僕たちは闘わなければならない

 

5人間の違いではなく、人間の共通性に想いをはせてみませんか?

■「必要の政治」は「お金なんかで人間を評価しない」という哲学

■「必要の政治」とは、受益感を高めながら租税抵抗を緩和するという戦略

■「バラマキだ! 」と批判し思考を停止させる、そんな政治を終わらせる

財政再建の理屈が優先され、増税の意味を知る貴重なチャンスを逃す

■分断線を消す、そして、自分の生き方を自分で決められる社会へ

記録#311 『新シニア市場攻略のカギはモラトリアムおじさんだ! ―――ビデオリサーチが提案するマーケティング新論II』

 

新シニア市場攻略のカギはモラトリアムおじさんだ! ―――ビデオリサーチが提案するマーケティング新論II

新シニア市場攻略のカギはモラトリアムおじさんだ! ―――ビデオリサーチが提案するマーケティング新論II

 

 

感じたこと


  • シニアマーケットに関する解像度が低い、ということは様々なクライアントのマーケチームと話していても感じるところ。本書で紹介されている6つのセグメントはまぁなるほどという感じ。共通言語化できればスパスパ話が進んでいきそう
  • ペルソナを年齢・性別などではなく価値観で分類するの、シニアに限らず最近よく見る事例。触れている情報が多様化していて、世代できることの意味合いが小さくなっていっているのかなぁ
  • イオンのシニア専門店舗の事例、おもしろい。通常のGMSにおいてある数倍の単価のもの(靴/杖)でも売れる。小分けの食品はむしろ売れない。などなど。示唆が深い...
  • 手本はないから、とにかく実験。新しいもの好きのシニア層と一緒にトライをしていく感じで。

内容


  • シニアは年齢が上がれば上がるほど落ち着き、保守的になるというのは先入観に過ぎず、正しくない
  • 10年前のシニアと比べて現在は、気持ちの麺でも体力の面でも同年齢の人のパフォーマンスが10歳若くなっていると考えたほうがよい
  • 英国の歴史社会学者、ピーター・ラスレットが提唱した人生4期論によると、現在のシニアはサードエイジに分類され、達成・完成・充実を大切にする期間と定義される。概ね50代前半~70代前半が当てはまる。
    • 身体、社会的立場、家族の3つの視点で加齢変化を実感するタイミングは50代前半から半ばにかけて
    • 要支援/要介護認定は75歳以上で急激に増加。むしろそこまでは不具合はありつつも元気に生活している側面が強い
  • シニアマーケティングにおける分類を行う上での6つの因子を調査により特定
    • 経済的豊かさ欲求
    • 友人とのつながり欲求
    • 伝統的家族間
    • 社会とのつながり不安
    • 新しいものへの意欲
    • シンプル・スローライフ思考
  • 上記の因子を持って6つのキャラクターに分解。カッコ内は構成比
    • 従来型シニア(伝統・保守な思考)
      • 淡々コンサバ(25%):現状維持の生活を望んでおり、個人としての意見や強い主張もない
      • アクティブトラッド(15%):悠々自適。生活に余裕があり、伝統があるブランドやリゾートを好む。
      • 身の丈リアリスト(17%):「お金のなさ」を理由に様々なことを諦める。人生の引き算思考が強い。
    • 新型シニア(変化・刺激を求める思考)
      • ラブ・マイライフ(9%):新しいものが好きでどんどん試す。若さを保つための投資も惜しまない。自由人。
      • 社会派インディペンデント(8%):価値観の向かう先が他人や社会全体。コト消費や人とのつながりを好む。
      • セカンドライフ・モラトリアム(27%):挑戦意欲はあるものの人間関係の希薄さや健康不安から踏み出せていない層。典型的な企業戦士タイプに多い
  • これらの分類は飲んでいるビールや希望する旅行先などで顕著に違いが出る

記録#310 『グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅』

 

グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF)

グッド・フライト、グッド・ナイト パイロットが誘う最高の空旅 (ハヤカワ文庫NF)

 

 

感じたこと


  • 空の旅、なんて豊かなんだろう。ただ風景を見るだけではなく、空の世界にある風、空の世界から見る水、空を飛ぶためのチーム、地上で動く整備の方々、すべてが美しい。
  • 飛行機に関するテクニカルな説明もされているところは現役パイロットだからこそ書ける内容。ふんわり素敵なエッセイと、ハードな技術の内容の織り交ぜ。素敵。
  • 最後の眞鍋かおりさんの解説も文章が素敵で、経験が人を豊かにし、魅力的にするとしみじみ

内容


ニューヨーク・タイムズ》ベストセラー、《エコノミスト》年間ベスト・ブック現役パイロットが誘う、空の秘密を明かす旅

空の向こうは、信じられないほど感動に満ちている──高度3万フィートから見下ろす地球の絶景、精緻さとダイナミックさを併せ持つジェット機の神秘、地上とは全く異なるルールで動いている上空の世界、同じように空で働き、空を愛する同僚たちとの邂逅…… ボーイング747を操縦して世界中を飛び回る現役パイロットが空と飛行機について語り尽くす、極上のエッセイ。解説/眞鍋かをりサン=テグジュペリ『夜間飛行』以来の名作」 ──コンデナスト・トラベラー誌「空旅がいかに神秘と魅力に満ちているかをあらためて教えてくれる」 ──ニューヨーク・タイムズ誌「科学者の脳と詩人の心で書かれた本」 ──ニューヨーカー誌「読んだらきっと、窓側の席をリクエストせずにいられない」──ブックセラー誌

記録#309 『熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)』

 

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録 (幻冬舎文庫)

 

 

感じたこと


  • ギャンブルは人を狂わせるなぁやっぱり。
  • 子会社ふくめて企業経営に真摯に取り組みながら、アルコール中毒者のように飲みまくる。自分は六本木・西麻布界隈には近づけないなと...

内容


  • 大王製紙社長の長男として、幼少時代は1200坪の屋敷で過ごし、東大法学部に現役合格。27歳で赤字子会社を立て直し、42歳で本社社長就任。順調な経営、華麗なる交遊……すべてを手にしていたはずの男はなぜ〝カネの沼〟にハマり込んだのか? 創業家三代目転落の記。そして、刑期を終えたいま、何を思うのか――。出所後の独白を加え文庫化!

記録#308 『「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)』

 

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)

「サバを読む」の「サバ」の正体: NHK 気になることば (新潮文庫)

 

 

感じたこと


  • 自分の第一言語が英語だったら日本語を学ぶのはスーパーハードだっただろうなと。複雑過ぎる。しかしその複雑性が魅力でもある。改めて言葉を学ぶ時間になりました。この本あまりに素敵。
  • 語源系のおはなしはどれ呼んでも面白い。個人的にはさかなの話がすき。

内容


  • 「丁」には、ちょど良い時期にあたって盛んである様、という意味があり、一丁やるか!などに使われる。銃を数えるときの丁はもともと挺だったが代わりに用いられるようになった。挺は真っ直ぐなものを数える時に用いる単位で、農具の鋤や鍬、三味線やバイオリン、そろばんも挺で数える。
  • 数字・三は不思議な数字。再三、という言葉に現れる通り「たびたび」という意味もあれば、三年=多くの年月という意味もあれば、三日天下のように短い期間を表すときもある。
  • 「仕事をサクサク片付ける」「さくっと食事に行く」のときの”さくさく”とは、連続する軽快で爽やかな感じのする音を表す語。もともとは水の流れをイメージしているとも。ネット時代になってから便利な言葉になったぞ。
  • 不具合という言葉が広がったのは昭和20年台の航空機産業で、その後車や電車、その後コンピュータや手続き・処理関係でも使われるようになった。故障や欠陥などの言葉のイメージを引きづらないように、しょうがないことなんですというニュアンスを伝えるように編み出された言葉。
  • 「朝っぱら」のぱら、元々は朝腹。朝食前の空腹を意味していたが、江戸時代にはこの意味が転じて、朝早い時間・早朝を意味するようになった。さらに転じて朝食前に食べるちょっとした食べ物や、物事が容易なこと、を意味するようになった
  • 圧倒的とは、他とはかけ離れて優れていること/他を全くしのいでいること、という意味。少ない、不便、不利などの状況に使う言葉としては本来適切ではない。同様に、指折り、屈指という言葉も同様。
  • 七夕はもともと「棚機」と書き、棚は神棚、機は機織りのこと。水の神を祀る民間信仰が、中国からやってきた七夕(しちせき)と結びついて現在の形に。
  • 傘をすぼめるは傘の広がりを小さくする動作、傘をつぼめるは開いていた傘を畳む動作のことをさす
  • 母のことをお母さんと呼ぶことの語源は、平安時代の上流社会の奥方が住んでいたのが寝殿造りの北の方角にあったため「北の方(きたのかた)」と呼ばれており、「おかたさま」と呼ぶようになったことがはじめ。おふくろと呼ぶのは「お金など大事なものを入れる袋」を取り仕切っていたことから。
  • 「さかな」は元々酒の肴のほうがはじめ。酒の肴のなかで最も美味だったものが「魚(うお)」だったことから、魚のことを「さかな」と呼ぶようになった。

記録#307 『カーネギー名言集』

 

カーネギー名言集 文庫版

カーネギー名言集 文庫版

 

 

引用メモ


大胆は勇気を、臆病は恐怖をもたらす

家から出るときは、いつでも顎を引いて頭を真っ直ぐに立て、できる限り大きく呼吸すること。日光を吸い込むのだ。友人には笑顔を持って接し、握手には心を込める。誤解される心配などはせず、敵のことに心を煩わさない。やりたいことをしっかりと心の中で決める。そして、まっしぐらに目標に向かって突進する。大きな素晴らしいことをやり遂げたいと考え、それを絶えず念頭に置く。

この世を動かす力は希望である。やがて成長して新しい種子が得られるという希望がなければ、農夫は畠に種子をまかない。

度胸がほしければ、恐ろしくて手が出ないことに挑んでみることだ。これを欠かさずやり続けて、成功の実績を作るのだ。これが恐怖心を克服するための最も迅速でしかも確実な方法である。

自信は大事業を行うための一番の必要条件である。

行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。

信念は人を強くする。疑いは活力を麻痺させる。信念は力である。

「われわれの政策は何か」と問われたら、私はこう答えるだろう。「それは、神が与え給う限りのあらゆる力を動員して、海上に、陸上に、空中に、戦って戦い抜くことである。人類の罪悪史上未だかつて例を見ない大暴君を相手に戦い抜くことである」

信念を持たない限り、人に信念を与える事はできない。自分で納得ゆかない限り人を納得させられない。

人生もフットボールも原則は同じだ。ラインに向かって突っ込め、ファウルするな。ボールから身をかわすな。ラインに向かって突っ込め。

うんと熱中せよ。熱中は熱中を生む。

美徳は自信を生み、自信は熱中を生む。そして熱中は世界を征服する。

A弦が切れたら残りの3本の弦で演奏する、これが人生である。

機械がだめになるのは、絶えず回転するからではなく、絶えず摩擦するからである。

口論は誰にもできるゲームだが、双方とも決して勝てない奇妙なゲームだ。

私の人生における成功の全ては、どんな場合でも必ず15分前に到着したおかげである。

記録#306 『30代にしておきたい17のこと』

 

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

 

 

感じたこと


  • せっかく日当たりの気持ちいい部屋に住んでいるんだから、ホームパーティをしようと思いました。以上です。

内容


  1. 「すべてを手に入れることは不可能」だと知る
    • 人生の時間は有限であって、30代は自由が少しずつ奪われていくのを体感する
    • しかし起業のチャンスもあり、家族もできる可能性があり、その中で自分が何を能動的に選択していくのかが重要になる時代
  2. 変えられることと、変えられないことの違いを知る
    • 20代の自分を裏切らない、なりたい自分を目指す
    • 役割を固定しすぎずに、新しい自分を発見することをあきらめない
  3. 自分の勝ち・負けパターンを知る
    • どんなときにうまくいき、どんなときにはうまくいかなかったかを冷静に振り返る
    • 他人の勝ちパターン/負けパターンを観察し、学ぶ
    • 過去の体験、他人の体験を体系化して未来に備える
  4. セルフイメージを定期的にチェックする
    • 自分の人生にふさわしいもの、こと、ひとを改めて考えて、幸せを定義する
    • 小さくセルフイメージを揺さぶる体験をしてみる
  5. お金と真剣に向き合う
    • いくら稼いでいくら使うのかのイメージを持ち、決める
    • 35歳を過ぎて一気に金銭的に豊かになる人は少ない中で、どのみちを登るのか、イメージしておく
    • 他人を観察し、お金が人に及ぼす感情的インパクトを理解・体感しておく
  6. パートナーや子供を持つかどうかを決める
    • ハッピーシングルもある、家族/子供を持つ幸せもある
    • イメージを膨らませて、自分の人生の決断をする
  7. 自分の居場所を決める
    • 自分はどの分野で戦うのか、掛け算の考え方をもって検討していく
    • 専門分野にも目標型と展開型があり、どちらが自分の道なのかを見極める
  8. 両親とお別れしておく
    • 親と一緒に過ごせる期間は思っているよりもずっと短い
    • 関係を見直し、友人となり、お別れできる準備を整えておく
    • 親と問題がある場合は、それを子供には引き継がない
  9. 年齢の離れた友人を持つ
    • 年下の友人を持ち刺激を受ける
    • 年上の友人を見ながら自分の将来をシミュレーションする
  10. 運を味方につける
    • 人生のリズム感を大切に、運の波を把握しておく
    • 周りに運の良い人を
  11. 自分の内に潜むダークサイドを癒やす
    • 自分の中の毒や怒りを、溜め込みすぎず、発散する
  12. メンターから学び、教えを次に回す
    • 複数のメンターを持っておく
    • メンターの教えを丸呑みせず、自分なりに咀嚼する
    • 受けた教えを次に回す
  13. 人脈を金脈に変える
    • 自分主催のパーティを開く
    • 人との付き合いと学びにお金を惜しんではいけない
  14. 才能の掛け算で勝負する
    • 中途半端な才能しかなかったとしても、それをかけ合わせれば貴重な人材になる
    • 掛け算で高め会える人と付き合う
  15. 大好きなことを仕事にする
  16. 人生の目的を知る
  17. 自分のお葬式の弔事を書いてみる