たなかの読書記録

30歳くらいの男が、読んでよかったなぁと思う本を紹介していきます。

記録#73 『昨日までの世界 文明の源流と人類の未来』原始社会からわたしたちは何を学ぶか

『サピエンス全史』を読んで以来、文明だったり文化だったり、歴史について書かれた本によく手を伸ばしています。 

『銃・病原菌・鉄』の著者、ジャレド・ダイアモンドが描く、20世紀まで狩猟社会・部族社会が残っている場所(特に1950年代まで原始社会が残っており、いまはもう空港も整備され一気に近代化したニューギニア)を研究対象として、文明というものに対する示唆。

  • 異なる部族同士での諍いをいかにして解決するか。現代では裁判だったり和解のプロセスにのるものが、いかに私的なルールのもとで処理されるか
  • 部族規模での戦い・戦争がどのようなものか。死亡率が非常に高かった原始社会での戦争と、新たな兵器の登場による突然の終結
  • 子どもへの体罰は原始社会ではどう認められるか。狩猟採集社会ではあまり見られない体罰が、農業社会では頻繁に見られるのはなぜか
  • 原始社会では高齢者はどのような立場で価値を持っており、現代社会の潮流を踏まえると、今後それはどう変わっていくのか
  • 危険をどう捉えるか。迫りくる危機、リスクに対する姿勢は原始社会と近代社会で異なるのか
  • 宗教との向き合い方は異なるのか。

特に最後の点について書かれていた一節が、サピエンス全史との対応で興味深いと感じました。

宗教の起源は人類の形質のどの部分にあるのか?この問いに対する一つの答えは、起源は人類の脳の思考機能にあるというものである。人類の脳は、原因と主体と意図を推定する努力と、そこから考えられる危険を予測する能力を徐々に磨いていった。また、その予測結果の因果関係を説明する能力も身に着けたのである。宗教は、人類のさらなる生存を助け得るようになったこれらの能力の副産物として誕生した、という考えかたである。

(第9章 デンキウナギが教える宗教の発展、下巻 pp.159)

 文章の間に挟まれる、はじめて西洋人と接触した時の現地の人の写真とか、さつまいもを中心とした伝統的な宴の光景とか、写真のパワーはすごいな、と。 

面白い本。おすすめです。

 

記録#72『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 耳で見る、目で聴く

神戸でやっていたとある展覧会で、ちらっと出されていた本。改めてじっくり読んでみたいなと思っていたので、手を伸ばしてみました。

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
 

著者の伊藤先生は、美学(Esthetics、エステティクス)の研究者、身体論を一つのテーマとしていらっしゃいます。特に、私たちが得る情報の8~9割を占めていると言われる視覚、それを制限された視覚障害者の方々の身体性について様々発信されています。

本書の中で伊藤先生も述べられていますが、障害者の方々と進める研究はどうしても「福祉」という視点に縛られてしまい、視点が異なる人・世界観が異なる人として捉えてみる、異文化を研究してみる、そんな視点で見てみるのも面白いのでは、という提言。本著の表題も、いかにも異文化研究らしいものです。

例えば、太陽の塔の捉え方。「太陽の塔に顔はいくつあるか?」と問われたときに、視覚にとらわれる我々は2つ、と答えます。一方で、伊藤先生がヒアリングをした視覚障害の方は3つと答えるそう。実は太陽の塔は、表側に顔が2つ、裏にももう一つ1つ顔があります。視覚は二次元で、表面を捉える。しかし、視覚障害者は、3次元で捉えることになる。視覚がないから死角がない、これは至言だと思いました。

タイトルの問い、「どう見ているのか」に対する答え。見る、という行為はあくまで意味付けとしての結果であって、視覚がなくてもできるだろう、というお話。出口王仁三郎さんが読んだ歌で

耳で見て 目できき鼻で ものくうて 口で嗅がねば 神は判らず 

 というものがあると。目や耳というのはあくまで器官であって、機能や目的のレイヤーで見ると、他のものを使ってもよいだろう・使えるだろうと。

気づきの多い、素晴らしい本でした。視覚に頼りすぎた我々への、新しい気付きの書として。おすすめです。

 

 

 

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)
 

 

記録#71 『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』コンセプトにロジックを与える。

イェール大学で准教授を務める伊神先生が単著を発表されたとのことで、まわりの方々も面白いよと薦めてくださり手にとってみました。 

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

 

 イノベーターのジレンマ、Wikiでいうとこんなものです。

巨大企業が新興企業の前に力を失う理由を説明した企業経営の理論。クレイトン・クリステンセンが、1997年に初めて提唱した。

大企業にとって、新興の事業や技術は、小さく魅力なく映るだけでなく、カニバリズムによって既存の事業を破壊する可能性がある。また、既存の商品が優れた特色を持つがゆえに、その特色を改良することのみに目を奪われ、顧客の別の需要に目が届かない。そのため、大企業は、新興市場への参入が遅れる傾向にある。その結果、既存の商品より劣るが新たな特色を持つ商品を売り出し始めた新興企業に、大きく後れを取ってしまうのである。

新規事業界隈にいるとよく聞くし、破壊的イノベーション(Disruptive Innovation)と合わせて使われることも往々にしてある言葉。クリステンセンは、経営者へのヒアリングや業界紙の追跡を通じてこのコンセプトを生み出していますが、経営学という側面、理論的な背景は確立されている、というわけではありませんでした。

クリステンセンの洞察の主眼は既存企業の組織的・心理的バイアスにあるが、一方で論理的には「既存企業は無能だったゆえにとう汰された」と言うに等しく、一部からはトートロジー(同義反復)あるいは「後付けの経営学」といった批判的な指摘も強かった。

 (イェール大学経済学部 伊神 満 准教授インタビュー 

http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/NISTEP-STIH3-3-00102.pdf

 本書は、伊神先生がこのイノベーターのジレンマについて、「置換効果」、「抜け駆け戦略」、「能力格差」という経済理論に基づく数理モデルを用いて解説をしていく、というもの。その中には構造推定だったりシミュレーションだったり、「あー、大学院のときにやったなー」という内容で溢れています。

  • 置換効果:新製品が投入されることで、似通った既存製品の需要が代替される効果
  • 抜け駆け戦略:既存大企業が、新興企業に先んじて製品を市場投入し新興企業を叩き潰す戦略
  • 能力格差:そもそものイノベーションを生み出す研究開発能力。一定の技術開発を行うための必要投資額等で推定

伊神先生らしい、皮肉のきいたダイレクトな語り口で、わかりやすく論が進められていきます。

http://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/NISTEP-STIH3-3-00102.pdf

↑が伊神先生のインタビューですが、話し方のダイレクトさがすごい。。笑

アナリストの仕事は楽しかったです。投資に対するアドバイスとして結論がはっきりしてさえいれば何をテーマにどう取材し分析してもいいので、アカデミックな研究と 100% 別物というわけではありません。それに世界で 5 人くらいしか理解者のいない学術論文とは違って、アナリストのレポートは世界中の機関投資家に毎日読んでもらえます(読まずにメールごと削除する顧客の方が多いのですが)。

こんな文体が、1冊続きます。最高。

新規事業・イノベーション周りで働く社会人から、産業組織論・IOの研究ってどんなものなんだろうという経済学部生まで、幅広い方が楽しめる本だと思います。

おすすめ。

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明

 

 

記録#70 『ボローニャの吐息』香りのするエッセイたち。

ジーノの家』を読んでから、内田洋子さんの違う作品も読んでみようと思って手を伸ばしてみたこの作品。 

ボローニャの吐息

ボローニャの吐息

 

 イタリアの、その中でも特に南部の魅力が語られているのが、内田さんの作品の魅力。

「南はなんとなく治安が悪そう。。行くとしてもフィレンツェ、ミラノあたりがいいな」なんて思っていた私も、この本を読み進めていくに従って、イタリアブーツの踝・踵あたりの村に行ってみたい、そんな気になってきます。

内容は、いくつかのエッセイがまとまったもの。大好きだったのは、

  • 「キス」:恋に恋する思春期の女の子を連れて、アイエツの『接吻』という絵画を見にミラノの美術館に行く。その艶めかしさ、別れの想い、当時の国際情勢へのメッセージ。芸術というものを感じるお話。
  • 「ゆらり、ゆらり」:ヴェネツィアで染料のことを聞こうとしたら、仮面屋に行きあたった。吸い込まれるような深い目。隔たった実と虚が、仮面を通じて入り交じる。モノクロ?虹色?そんな区別に問を投げかけるお話。
  • 「流浪の人」:自分らしさを追求してきた自由で美しい女性・ミーナが結婚を決めた。一緒にドレスのデザインを決め、街を周り、準備を重ねてきた。いざ結婚式、参加者の数だけの自由がそこにある。結婚という形が絶対唯一のものではなくなってきているヨーロッパからの、生き方に関するお話。
  • ボローニャの吐息」:1980年の夏に駅で爆破がおき、多くの方がなくなったボローニャの街。同年、ボローニャを発ってシチリア島に向かっていた航空機は空中で爆発する。フランスの芸術家、クリスティアン・ボルタンスキーは、世界中から人が集まるブックフェアの裏側で、その航空機の断片を集め、鎮魂の芸術を作り上げる。芸術と向き合う姿勢を問われる、そんなお話。

どれも、イタリアという国、絵画や舞台、演劇に関する興味をかきたてられたり、頭をがーんとされる感じのお話。でも、嫌じゃない。とても穏やかな心持ちで読める。

素敵な文体、素敵な本でした。おすすめです、ぜひ。

ボローニャの吐息

ボローニャの吐息

 

 

 

記録#69 『ナショナル・ストーリー・プロジェクト』ひとりひとりに眠るストーリー。

大好きなポッドキャストTakram Castで紹介されていた本。

ある日、ラジオのレギュラー番組を任されることになったポール・オースター。内容に困った彼に、妻のシリはこういいます。あなたが物語を書くことはない、全米からいろんな人にそれぞれ自分の物語を書いてもらって、あなたはそれを朗読すればいいじゃない、と。

全国から集まった4,000のお話のうち、紹介されたもの・印象に残った180のお話を収録したのが、この本。 

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)

 
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)

 

「庶民」たちはしばしば驚くべき物語を語った。何よりもまず、私たちの大半が、 どれほど深く、情熱的に内なる生を生きているかを私は思い知らされた。我々の抱く愛着はこの上なく激しく、我々の情愛は我々を圧倒し、規定し、我々と他人を区切る境界を消し去る。(pp.12)

素晴らしい。とにかく素晴らしい。このお話が集まったのは1990年代の末、SNSなんていうものはまだ生まれておらず、個人の中に、貴重なストーリーがひっそりと眠っていた時代。ラジオというメディアを媒介として、それぞれのストーリーが紡がれ、全国に広がっていく。とても素敵だと思いました。

  • 例えば。貧しい家族の中で、ひとりの小さな男の子が考えた、無料で皆を喜ばせるプレゼントを作り出す話。(pp.90 "ファミリー・クリスマス")
  • 例えば。小学校の卒業式に着ていく長ズボンが買いたいと伝えた男の子と、火の車の家計の中でそれをなんとか準備してあげたいと悩み抜く母親の話。(pp.112 "金の贈り物")
  • 例えば。全裸で海に飛び込んだ女性が浜辺に戻ると服がなくなっていて、焦っていたら遠くから見知らぬ人たちの話し声が聞こえて思わず走り出してしまった女性の話。(pp.195 "ザッツ・エンタテインメント")
  • 例えば。第二次世界大戦末期、太平洋海域にいる基地で「自分は臆病です、本土に帰らせてください」と申し出て本土に帰還しようとした男と、残された男の話。(pp.337 "1985年8月")
  • 例えば。数学が好きなひとり、編み物が好きなもうひとり、微妙な関係にある二人がクリスマスを迎えて、プレゼントについて考える話。(pp.378 "数学的媚薬")

あまりの滑稽さに笑う話、しっとりと自然を感じる話、深い悲しみをなんとかこなれさせようとする話、愛を感じる話。あくまで投稿されたもの、真実かどうかはわかりませんが、これぞ人生、それでも人生、と言いたくなるお話の数々でした。

この本の原著が発売されたのは、2001年の9月13日。"911"として知られるテロの2日後でした。この本のリリースのキャンペーンとして全米を回った著者・オースターは、各地で参加者とそれぞれが持つストーリーを語り合ったそうです。

そんなお話も含めて、そこにはストーリーがある。

素晴らしい、本当に素晴らしい本でした。 

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈1〉 (新潮文庫)

 
ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)

ナショナル・ストーリー・プロジェクト〈2〉 (新潮文庫)

 

 

記録#68 『フリーランスぶるーす』

小説です。 

フリーランスぶるーす

フリーランスぶるーす

 

主人公は中林健太。大学を卒業して30歳までアルバイトなどで働いていたものの、愛犬がなくなったのを期に、広告制作会社の正社員として働き始め、ずっと憧れていた業界人に。雑誌の企画や街の再開発までいろんなプロジェクトに関わるものの、自分の手柄を持っていってしまった社長に不信感を持って退社、フリーランスとなります。

そのあとは、全然うまくいかない。2年ほど取り組んだコピーライティングやストーリー作りのスキルを生かした仕事を探すが、あるのはAV関連の仕事ばかり。

しかし、正社員として最初の仕事を一緒に行っていた女優を目指すゆうなとAV撮影の現場で一緒になったことをきっかけに、少しずつ仕事が上向いていきます。

僕にあるものは少しばかりの経験だけだ。そのほとんどが、苦く、しょっぱく、失敗と呼ばれるものである。これもダメ、あれもダメと、ダメダメを繰り返すうちに、いつしか失敗の本質に気付かされ、昨日よりも質の高い失敗が希望へとつないでくれた。失敗とは成功を目指してこそ生まれる人生の教材だ。蓄積された失敗はライブラリーとなり、同じ失敗を繰り返さないという教訓がぬかるんだ人生に楔を入れる。強がりを言わせてもらえば、ラッキーで掴んだ成功よりも失敗から学んだ課題にこそ価値がある。

(pp.284)

主人公の経歴、ストーリーは、著者・栗山さんと重複するところが多くあります。

半自伝的小説でしょうか。さっと読める、いい本でした。

フリーランスぶるーす

フリーランスぶるーす

 

 

記録#67 『子どもができて考えた、ワクチンと命のこと。』

読みたい読みたい、と思っていてまだ読めていない『10万個の子宮』。

著者の村中さんがSNSで言及していたのを見て、先に下の本を読んでみました。

子どもができて考えた、ワクチンと命のこと。

子どもができて考えた、ワクチンと命のこと。

 

著者のユーラ・ピスさんは、科学者ではなく、作家でありエッセイスト。そんな彼女が、子どもを生み、育てる中で、 病気やワクチンに悩み、綴っていった文章がこの本となっています。

  • 予防接種というのは学歴の低い、治安の悪い地域に住んでいる子どものみがうけるべきもの?
  • たいていのひとが考える、人工物より天然物のほうが安全というのは事実?神話?
  • 化学物質を使わなければ身体は清らかなものである、という考え方は、この微生物や菌であふれるこの世界でも正しい?
  • 子どもに対するワクチン、多すぎる?早すぎる?

科学との向き合い方、子育ての不安、手術の意思決定、、、母親として不安と、その中でも正しい決断を追求する姿勢が見える、素晴らしい本です。

また、予防接種を忌避する母親が、わざわざ50ドルを出して買う「水ぼうそうキャンディー」というものが紹介されていて、びっくりしました。水ぼうそうにかかった子どもがなめていたアイスキャンディーを、未罹患の子どもが舐めることで予防に活かそう、ということらしい。なんだそれ。

↑みたいな事例も含めて。

10万個の子宮、のAmazonレビューを見ていると、低い評価をつけている人たちの粘着性というか、知性や科学との向き合い方に不安を覚えたりします。一度偏った考え方をインストールすると、それを強化するように情報を集め、編集し、発信していくようになるんだろうなと。科学が全てではない、というのはもちろんですが、(子どもや家族も含めて)自分以外の人間が科学の恩恵をうけることを防ぐのは、やめてほしい。

とはいえ、この本の中で語られているのは、なぜ多くの母親たちがこのような思考に陥ってしまうのか、ということ。科学によって明確に否定されている関係性でも、穢れや自然信仰、といったものは、人間にビルトインされた傾向なのかもしれません。

この本で語られているのは、個人で健康であるためには、コミュニティが健康である必要があるということ。ワクチン否定派の方々は、ワクチンを打っている人の効果にフリーライドしていることに、自覚的になるべきかもしれません。

心のゆらぎが語られる、素晴らしい本でした。

子どもができて考えた、ワクチンと命のこと。

子どもができて考えた、ワクチンと命のこと。