2013年の10冊

 

少し遅れてしまいましたが、

昨年度読んだ本の中で印象に強く残った本を10冊まとめました。

細かい感想は書きませんので、もしタイトル見てピンときたらぜひぽちっとしてください(手抜き)

 

・感性の限界(高橋昌一郎

 

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

 

 

・日本プロ野球改造論(並木祐太)

 

日本プロ野球改造論 (ディスカヴァー携書)

日本プロ野球改造論 (ディスカヴァー携書)

 

 

・言える化(遠藤功)

 

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密

 

 

・英仏百年戦争佐藤賢一

 

英仏百年戦争 (集英社新書)

英仏百年戦争 (集英社新書)

 

 

・ダメ社員でもいいじゃない(澤田昨日)

 

ダメ社員でもいいじゃない。

ダメ社員でもいいじゃない。

 

 

・農業超大国アメリカの戦略(石井勇人)

 

農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」

農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」

 

 

・マグマ(真山仁

 

マグマ (角川文庫)

マグマ (角川文庫)

 

 

・週末バンコクでちょっと脱力(下川裕治

 

週末バンコクでちょっと脱力 (朝日文庫)

週末バンコクでちょっと脱力 (朝日文庫)

 

 

・黙示(真山仁

 

黙示

黙示

 

 

・Carp Story(前原淳)

 

CS~カープ・ストーリー

CS~カープ・ストーリー