読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年1~3月】読んでよかった本5冊

今年は四半期ごとに更新できればと思います、頑張ります。
転職のタイミングだったこともあり、お仕事っぽいものが多めです。

どなたかの読書生活を少しでも豊かにできることを祈りつつ。

*******************************************************************************

・いい会社をつくりましょう

とてもとてもとても良い本でした。今期一番です。
寒天製品の国内シェア80%、海外シェア15%以上(2009年時点)を誇る伊那食品工業、その社長さんが書いています。20代から50年以上経営に携わり、この会社を「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司 著)の一つに選ばるような優良企業に育て上げられました。
本のタイトルはこの会社の社是。

「いい会社」とは、単に経営上の数字が良いというだけではなく、会社を取り巻く総ての人々が、日常会話の中で「いい会社だね」といってくださるような会社のことです。
「いい会社」は自分たちを含め、総ての人々をハッピーにします。そこに、「いい会社」をつくる真の意味があるのです。

急成長を目指さない。自然がそうであるように、木が毎年年輪を重ね少しづつ成長していくように、地域に広く深く根を張り、「公器」としての役割を長期にわたって果たしていく。
目先のブーム・トレンドは追わない、中長期でどう社会が進歩していくかを追っていくんだ。というところも、なるほどー、という思いでした。

言葉として響いたのは、特にこの2つ。

ロマンだからと、景気がいい時は思い切り急拡大しておいて、ダメになったら放り投げる。多くの人を犠牲にする。そういう考え方の人は、経営者になってはいけないのかもしれません。

人生というのは「いい思い出」と「これからの夢」で成り立っていると考えています。「いま」というのは存在しません。

とにかく良い本でした。ぜひご一読。

新訂 いい会社をつくりましょう

新訂 いい会社をつくりましょう

 

 

・ゆっくり、いそげ〜カフェからはじめる人を手段化しない経済〜

著者の影山さんは、コンサル、VCを経て、いまは西国分寺でクルミドコーヒーというお店をやられています。大学院時代にたくさん通わせていただきました。

タイトルだけ読むと、最近流行りの「市場経済反対!」みたいなものに見えなくないけどそんなことはなく、バランス感のあるフェアで説得力のある内容でした。
本自体も素晴らしいです。でも、ぜひ直接お店にいってください。
この本を通じて伝えたいことが、自分の肌で感じられる場所になっています。

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

ゆっくり、いそげ ~カフェからはじめる人を手段化しない経済~

 

 

・The Lean Enterprise: How Corporations Can Innovate Like Startups

 古い業界、大企業にこそイノベーションを!
これから、こんな仕事ができればと思います。

A corporate innovation manager's job isn't to pick winners; it's to create opportunities for winners to rise above the chaos.

The Lean Enterprise: How Corporations Can Innovate Like Startups

The Lean Enterprise: How Corporations Can Innovate Like Startups

 

 

古典落語

 この2月に初めて寄席に行きまして、それに合わせて。
自分が素敵だなぁと思う人がもれなく落語好きなのですが、実際に自分で見てみて、なんとなくその理由がわかった気がします。
扇子と手ぬぐいだけで一つの世界観・ストーリーを伝えられる噺家さん。尊敬します。

古典落語 (講談社学術文庫)

古典落語 (講談社学術文庫)

 

 

・しんがり 山一證券 最後の12人

 昨年の第36回講談社ノンフィクション賞受賞作。
世間を揺るがせた山一證券の破綻。涙を流しながら「社員は悪くありませんから!」という会見のシーンは、今でも時々流れますよね。(この会見を行った野澤元社長、屋代高校の卒業生なんですね、初めて知りました)
最後の最後まで清算業務に携わった方々から感じる侠気。自分がここまで出来るか、出来る人になれるか、そんなことを考えながら読みました。力強い本です。

私の好きな言葉は「勿過去悔 莫将来按 無万事怯」である。
過ぎ去ったことをくよくよ後悔するな。これからのことをあれこれ心配するな。すべてのことを恐れるな、という意味であろう。
人生万事塞翁が馬だ。まだ、我が人生の結論は出ていない。

人間はその場に合わせて咲く能力がある。突然の失職も大したことはなかった。人生はなんとかなる。 

なんとかなる!

しんがり 山一證券 最後の12人

しんがり 山一證券 最後の12人

 

*******************************************************************************

4月以降も、気の向くままに読書していければと思います:) 

 

2014年 今年の10冊

今年読んで良かった10冊の本をご紹介します。

*******************************************************************************

  • 信州教育に未来は有るか

著者の山口先生は、長野県の元教育長&母校校長で、かつ両親の仲人でもあります。話し好きで、人格的に素晴らしい方。
生徒、親、教員、そのほか学校職員、周辺住民、それぞれの立場から学校教育を見つめなおします。とても素敵な本でした。

 

信州教育に未来はあるか

信州教育に未来はあるか

 

 

私は、「大人はすべて教育者を目指すべし」と思っています。もちろん、職業としての教育者ではなく教育を広く「大人と子供の関係」としてとらえる視点からです。私が言う「教育者」とは、子供らに接する大人の姿勢をいいます。気付いた時、一つでも、できることから、でいいのです。(表紙帯より)

浄土思想の核心と、その代表的な3人の思想家についてその違いをわかりやすく解説してくれます。
著者は、浄土思想が仏教を、修行を通じた「悟り型宗教」から祈りを通じた「救い型宗教」に転換したとしています。「あれもやれ!これもやれ!」といっていた過去の仏教と決別し、「ただ祈れ!」とした法然は、スコープを切るのがうまい良い上司だなと感じました。

 

法然親鸞一遍 (新潮新書)

法然親鸞一遍 (新潮新書)

 

 

素数ってすごい。美しい。ガウス以来続く、素数の謎をひも解こうとするを描いた本です。数学者も人間なんだなぁと身近に感じさせてくれました。

 

素数の音楽 (新潮文庫)

素数の音楽 (新潮文庫)

 

 

素数のおかげで数学の従来無関係とされていた分野を隔てていた扉が開かれた。数論、幾何学解析学、確率論、量子物理学、リーマン予想を解くためにこれらのすべてが結集した。~。数学は、パターンの学問ではなく、関係の学問になったのだ。

 

  • 五郎治殿御始末

映画化された「柘榴坂の仇討」が含まれた短編集。
私は、江戸期には有能な天文方としてつかえながら、明治期の暦作成には関わることができず悶々とする男を描いた「西を向く侍」が心に残っています。題は、暦が31日単位でない月の覚え方(2,4,6,9,11。に、し、む、く、さむらい(士))を示しつつ、西洋のものを無配慮に受け入れようとする日本人に対する皮肉を含む、ウィットの効いたものだなぁと。

 

五郎治殿御始末 (新潮文庫)

五郎治殿御始末 (新潮文庫)

 

 

再掲。東京で働いているだけではわからないことが、あたりまえだけどたくさんあるんだと実感させてくれます。

 

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

神去なあなあ日常 (徳間文庫)

 

 

 

  • 年収は「住むところ」で決まる

上半期の再掲。やっぱり素晴らしい。

 

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

 

 

  • 僕は数式で宇宙の美しさを伝えたい

自閉症の子供を持った母によるノンフィクション。
日常のできないことを克服することを目指す教育ではなく、本人が喜ぶこと・好きなことを中心に教えていくことですべてがうまく回りだす。
映画化もするらしいけど、ぜひ本として読んでいただきたいです。

 

ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい

ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい

 

 

好きなことを思う存分できる時間があれば、好きでないことにもいい集中力を持って向き合える

  • 教養としての経済学

 買いましょう!(ステマ

教養としての経済学 -- 生き抜く力を培うために

教養としての経済学 -- 生き抜く力を培うために

 

 

毎年読み返すこの本たち。刺激的です。

 

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

 

 

 

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

シャンタラム〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 ****************************************************************************************

来年も、仕事と関係のない本を読む時間をうまいこと確保して行きたいと思います。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

今年上半期、私が読んだ15冊

6月も終わりに近づいてきたので、今年の上半期で読んだ本の一部をご紹介します。

仕事関連の本は抜きで、趣味のものだけです。

 

***********************************************************************************

・年収は「住むところ」で決まる(エンリコ・モレッティ

年収は「住むところ」で決まる  雇用とイノベーションの都市経済学

年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学

 

 個人的な上半期ベスト。
「学歴で年収は決まらない」って研究が出されたりもしていて、年収を上げるためには、学歴や資格と取るのではなくて、さっさと景気の良い街に移り住むっていうのも選択肢の一つですね。(学歴の高い人のほうがモビリティが高いという話があったりしますが)
原題のほうが素敵だと思います。
しかし、地方はどんどん衰退してしまうんでしょうか。産業を。長野に産業を。

 

 

・グリード(真山仁)上・下(+ハゲタカ、ハゲタカII、レッドゾーンも合わせて読みました)

グリード 上

グリード 上

 

鷲津さんが主人公の「ハゲタカ」シリーズ第4段。
今回の舞台はアメリカ。陰謀策術たっぷり。
何よりリンさんが素敵。こんな女性、どこにいらっしゃるんや・・・

 

 

・プライド(真山仁

プライド (新潮文庫)

プライド (新潮文庫)

 

 同じく真山仁の短編集。
農業や政治、医療に至るまで、それぞれの分野で希望を持って働く人と、そこに立ちはだかる障壁の存在(そしてなぜその障壁がかくも高いのか) について魅力的に描き切っています。
私は冒頭の農水省で官僚として戦う人のお話が好きです。

 

 

・コラプティオ(真山仁

コラプティオ (文春文庫)

コラプティオ (文春文庫)

 

 真山仁が好きすぎて。
リーダーシップって何なんでしょうね。政治とメディアと、自分の知らない世界がまだまだたくさんあるんだなぁ。

 

 

・虚像の砦(真山仁

虚像の砦 (講談社文庫)

虚像の砦 (講談社文庫)

 

 まだまだ真山仁
「便利になるということは、不便な時に持っていた美徳を捨てることだ」(by主人公の父)
かっこええです。

 

 

・ベイジン(真山仁)上・下

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)

ベイジン〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

 もっと真山仁
原発押せ押せだった2008年に出された本書。五輪で開催に沸く中国で、世界最大の原発が建設される。その中で戦う日本の技術者、国の圧力、迫りくるメルトダウンの危機。
今だからこそ読むべき本。

 

 

・巨大外資高杉良)上・下

挑戦 巨大外資(上) (講談社文庫)

挑戦 巨大外資(上) (講談社文庫)

 

正月に父親から渡されました。
組織内の争い、どろどろしすぎですね・・・
外資はどこもこうなんでしょうか・・・怖い

 

 

坂の上の雲司馬遼太郎)1~8巻

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)

 

 不朽の名作。
今までは弟・真之の生き様が素敵だと思っていましたが、今回は好古祭りでした。
あと、日本陸軍・ロシア帝政の組織の硬直性を見ながらいろいろ考えたり。自分の考え方の定点観測。

 

 

・青天の霹靂(劇団ひとり

青天の霹靂

青天の霹靂

 

 映画がとてもよかったので。(長野県上田市で撮影されてます)
自分の惨めさを受け入れるんや。
これを読んだ後に東大の先生の研究者になるまでの道程に関する文章を読んで、一層心打たれた次第です。

 

 

舞姫森鴎外

舞姫

舞姫

 

中学以来。
ダメな男ですね主人公。。。

 

 

法然親鸞一遍(釈徹宗

法然親鸞一遍(新潮新書)

法然親鸞一遍(新潮新書)

 

 法然が仏教を「悟り型宗教」から「救い型宗教」へと再構築した、っていう指摘に、ほぉぉぉ、となりました。
他力本願万歳。
だれか、救ってください(ぺこり

 

 

・私がマッキンゼーを辞めた理由(石井てる美

以下引用。 
"自分がそれまで「東大の学生です」「マッキンゼーに勤めています」という肩書や所属でアイデンティティーを保てていたことに、恥ずかしながら人生でこのとき初めて気づきました。そういう肩書、つまりはほとんどが自分の力ではなく運や環境によってたまたまもたらされたにすぎない肩書、を持つことで「自分はちょっと特別だ」「他の人とは違う」みたいな勘違いを恥ずかしながらしていたことも、認めざるをえません"

 

 

・シグナル&ノイズ(ネイト・シルバー)

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

 

年末から 流行っていた本。
ビッグデータ!とりあえず分析!」
いやいやそうじゃなくて、まずは有益なシグナルと異常なノイズを識別しようぜ、っていうことですよね。素敵。

 

 

・Give & Take (アダム・グラント)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 (単行本)

 

これも流行り本。
研究結果にサポートされた主張にはなるほどとなりました。
自分が自分が、っていう人は嫌な奴ですもんね。

 

 

・しなやかな日本列島のつくりかた(藻谷浩介)

藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた

藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた

 

スイスで観光業をやられている方のお話が面白かった。
ゆるキャラを作っている自治体はだめです」と言い切られていて、「ねずこん・・・(長野県坂城町のゆるキャラ)」となった次第です。 

***********************************************************************************

 もし上にある本を読んだ方がいらっしゃればぜひご感想をお知らせくださいませ。

下期も楽しく読書していきます。

 ではでは(ぺこり

2013年の10冊

 

少し遅れてしまいましたが、

昨年度読んだ本の中で印象に強く残った本を10冊まとめました。

細かい感想は書きませんので、もしタイトル見てピンときたらぜひぽちっとしてください(手抜き)

 

・感性の限界(高橋昌一郎

 

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

感性の限界――不合理性・不自由性・不条理性 (講談社現代新書)

 

 

・日本プロ野球改造論(並木祐太)

 

日本プロ野球改造論 (ディスカヴァー携書)

日本プロ野球改造論 (ディスカヴァー携書)

 

 

・言える化(遠藤功)

 

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密

言える化 ー「ガリガリ君」の赤城乳業が躍進する秘密

 

 

・英仏百年戦争佐藤賢一

 

英仏百年戦争 (集英社新書)

英仏百年戦争 (集英社新書)

 

 

・ダメ社員でもいいじゃない(澤田昨日)

 

ダメ社員でもいいじゃない。

ダメ社員でもいいじゃない。

 

 

・農業超大国アメリカの戦略(石井勇人)

 

農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」

農業超大国アメリカの戦略: TPPで問われる「食料安保」

 

 

・マグマ(真山仁

 

マグマ (角川文庫)

マグマ (角川文庫)

 

 

・週末バンコクでちょっと脱力(下川裕治

 

週末バンコクでちょっと脱力 (朝日文庫)

週末バンコクでちょっと脱力 (朝日文庫)

 

 

・黙示(真山仁

 

黙示

黙示

 

 

・Carp Story(前原淳)

 

CS~カープ・ストーリー

CS~カープ・ストーリー

 

 

 

『人間の土地』

 

最近、体調が悪く、読んでいろいろ考えたど。

いい本だなぁ。

 

"とはいうものの、やがて僕らも少しずつ気がついてくる、あの一人のあの明るい笑い声を、二度と聞く日はもうないのだと、あの庭園は永久に僕らのために閉ざされてしまったのだと。するとこのとき、はじめてぼくらにとってのまことの服喪が始まるのだ。それはけっして裂くような悲しみではないが、しかしどうやらほろ苦い。

 

何ものも、死んだ僚友のかけがえには絶対になりえない、旧友を作ることは不可能だ。何ものも、あの多くの共通の思いで、共に生きてきたあのおびただしい困難な時間、あのたびたびの仲違いや仲直りや、心のときめきの宝物の貴さにはおよばない。この種の友情は、二度とは得難いものだ。樫の木を植えて、すぐその葉蔭に憩おうとしてもそれは無理だ。

 

これが人生だ。最初僕らはまず自分たちを豊富にした、多年僕らは木を植えてきた、それなのに、やがて時間がこの仕事をくずし、木を切り倒す年が来た。僚友たちが一人ずつ僕らから彼らの影を引き上げる。かてて加えて、僕らの喪に、今日以後、人知れぬ老いの嘆きが来て加わる。

 

これが、メルモスとしてそしてほかの者たちが、僕らに与えた教訓だった。ある一つの職業の偉大さは、もしかすると、まず第一に、それが人と人とを親和させる点にあるかもしれない。真の贅沢というものは、ただのひとつしかない、それは人間関係の贅沢だ。

 

物質上の財宝だけを追うて働くことは、われとわが牢獄を築くことになる。人はそこへ孤独の自分を閉じ込める結果になる、生きるに値する何ものも購うことのできない灰の銭をいだいて。

 

僕が、自分の思い出の中に、長いうれしい後味を残して行った人々を探すとき、生きがいを感じた時間の目録を作るとき、見出すものはどれもみな千万金でも絶対に購いえなかったものばかりだ。なん日とも購うことはできない、一人のメルモスのような男の友情も、相携えて艱難をしのぐことによって永久に結ばれたある僚友の友情も。

 

あの飛行の夜と、その千万の星々、あの清潔な気持ち、あのしばしの絶対力は、いずれも金では購いえない。

 

難航のあとの、世界のあの新しい姿、木々も、花々も、女たちも、微笑も、すべて夜明け方ようやく僕らが取り戻した生命にみずみずしく色づいているではないか。この些細なものの合奏が僕らの労苦に報いてくれるのだが、しかもそれは黄金のよく購うところではない。

 

そしてまた、いま思い出にのぼってくる、不帰順族の領域内ですごした、あの一夜にしても。"

 

サン=テグジュペリ「人間の土地」より『僚友』(p44-46)

始めて悟る真源行き到らざるを

歩随流水覓源泉

行到源頭却惘然

始悟真源行不到

倚笻随処弄潺湲 

 

歩して流水に随って源泉を覓(もと)む

行きて源頭に到って却って惘然(ぼうぜん)

始めて悟る真源行き到らざるを

筇(つえ)に倚(よ)り随処に潺湲(せんかん)を弄せん

 

良寛「偶作」

"もし世の終わりに裁かれるなら、僕が本当の人生を生きてきたかどうかで判断してほしい"

”脳手術の前の晩、僕は死について考えた。僕は自分の一番重要な価値観とは何かを探り、自分に問うてみた。

もし死ぬのであれば、徹底抗戦して死ぬのか、それとも静かに降伏するのか。

自分のどんな面を人に見せて死にたいのか。

自分に満足しているのか。これまで人生で何をしてきたのか。

僕は本質的には良い人間だと思う。もちろんもっと良くもなれたが。でもそれと同時に、癌はそんなこと全く気にしないこともわかっていた。

 

僕は何を信じているのだろう。僕はあまり祈ったことはない。強く希望したり、強く願ったりしたことはあったけれど、祈りはしなかった。

子供のころに、宗教に関しては疑問を抱くようになっていたが、いくつかはっきりとした信念を持っている。簡単にいえば、僕は、自分が良い人間になる責任があると信じているし、勇敢で正直で勤勉で高潔な人間になろうと努力もしてきた。その上、家族に優しく、友人に誠実なら、そして社会にお返しをし、嘘をついたりだましたり盗んだりしていないなら、それで十分だと思った。

もし世の終わりに裁かれるなら、僕が本当の人生を生きてきたかどうかで判断してほしい。ある書物を信じているかどうかや、洗礼を受けているかどうかではなく。もし本当に「神」がいるなら、僕の人生の終わりに、「でもお前はクリスチャンではなかったではないか。だから地獄へ行くのだ」なんていうこと入ってほしくない。もしそう言われたら、僕はこう答える。

「どうぞご勝手に」”

ランス・アームストロング安次嶺佳子訳 「ただマイヨ・ジョーヌのためでなく」講談社

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく

ただマイヨ・ジョーヌのためでなく

 

夢を聞かれたときに職業を答えたり、将来のことがほとんどキャリアの事だったり、

それを軸にするっていうのも選択肢の一つなんだけど、

追うべきはもっと信条に近いものなんじゃないかって。